そもそもどこの情報? 最初に言ったのはだれ? ググっても出てこない。出てきたのが自分のブログってorz。 ソースは F-86 と F-15 のどちらにも搭乗した空軍のパイロットしかありえないわけで。 アメリカ空軍の人だろか、航空自衛隊の人だろか。で、その伝聞を書いた本があるのかも。モノグラムじゃなくて戦記もんかもしれないし。パイロットの自伝かもしれないし。 要調査。

ところで、「F-15 の操縦性は F-86 に似ている」を X-Plane で検証するプロジェクトは粛々と進行中ですが、捗っておりません。 F-86 の信頼できるフライトモデルは入手もしくは自作可能ですが。 F-15 が曲者で。信頼できるフライトモデルがいまだかつて存在しないので、自作しております。 しかし F-15 に対するわたくしの持てる知識がすべてものをいうことになりますので。簡単ではありません。 もうブレンデッドウィングボディなんてエアフォイルどうすんのよ。 主翼付け根のバルジがストレーキの役割を果たしていることをフライトモデルでどう表現するのが近似的なのかとか。もうね。バルジを misc wing で作ってくっつけただけでいいのかと。それでは空力的にデタラメじゃないのかとか。 F-86 みたいな時代の設計ならそこそこ信頼できるフライトモデルはできるんです。 プロジェクトはほったらかしではなく、ぼちぼち進んでおりますので、進捗状況をときどき書いていきます。

F-86 の話になると MiG-15 の話になり、Ta183 まで行くことになりますね。F-86 と MiG-15 と Ta183 の良質なフライトモデルは既に保有もしくは自作しています。ハンガーに行けばいつでも飛べます。

topic: plane
first posted: 2017-08-10 21:05:26
last modified: 2017-08-18 17:29:48