カサブランカの英語が好きです。

外国へ留学して英語しか使えないというような状況に置かれれば、どんな日本人でも2週間後には「夢を英語で見る」ようになりますから。近くのお店の店員さんのこと好きになっちゃったりして、会話したくてうずうずしてきますから。1ヶ月もすれば喋れるようになりますから。ほんとにわかりやすいんですよ、自分が好かれてるか嫌われてるかがすぐわかるんですよ。フロリダでの体験談ですがね。「好きよ」「嫌いよ」サインがビシビシ飛んできますから。ほんとわかりやすい。逆に言えば、自分の方も「好き嫌い」をはっきり表明するようにしないと、何考えてるかわからないヘンなやつと思われてしまうんですよね。シャイが美徳というような気の小さい文化ではないですから。

しかし日本というコンフォートゾーンに居たまま英語を学習しようと思ったら、

恋人が英語しか話せないとか、 読みたい本の翻訳本がない、でも書いてあることをどうしても知りたいとか、

そういう確固たる目的のある状況に追い込まれないと、ぜったいに習得できないと思います。 ただ漠然と英語を学びたいというような感じで大金を英語教材や英会話スクールへ投じても見返りはほとんどないですもんね、じっさい。 確固たる目的と強い意志とビジョンがないと学費は無駄になるだけ。

目的があれば英語は習得できる ―『日本人の英語』の現在
http://www.meiji.net/career/vol21_mark-petersen

関連記事サーチ:
https://artrec.homeunix.com/news/classiclog/search?q=英語

topic:
first posted: 2017-07-18 15:36:27
last modified: 2017-07-18 16:57:56