For God so loved the world
that He gave His only begotten Son
John 3:16

Jesus Film Project の Jesus Film Collection にイケメンイエスでおなじみの The Gospel of John (2003) が加わっている。 いつのまに。 わたしは「キリスト教入門」なら、聖書を文学的に読んだりするより、 「まず JESUS Film (1979) を見て、次に The Gospel of John (2003) を見る」 という筋をプッシュしてきたものですから。

(The Gospel of John とはヨハネによる福音書のことです。 わたしが聖書の中で最も高い波動を感じるのはヨハネによる福音書です。時系列が整っている伝記としてならルカによる福音書がいいので、まずルカを読んでからヨハネを読めば無理がない。しかしイエスの教えの奥義を垣間見せようとするヨハネの内容は高度です。ヨハネにピンとくるのに何十年とかかるかもしれない。旧約聖書とは何か、新約聖書とは何か、イエスは何をしにきたのかについてピンとくることがあるならそれはヨハネの福音書に呼ばれている時です。 「パウロ教と揶揄されることもある現在のキリスト教ではなく、イエス本来のエッセンス」に触れることができるのはヨハネによる福音書だと感じます。イエス・キリストに触れるには、聖書を読んでいるだけでは無理で、この現実を自分でしっかり観察するという「見」と、瞑想という「行」のどちらも必要ね。)

The Gospel of John (2003) はもはや JESUS Film (1979) の隣に置かれていつでもだれでも無料で見れるようになっているのでした。

topic: philosophy
first posted: 2017-07-09 08:48:26
last modified: 2017-07-09 10:06:35