そんな訳し方だから fortune-telling と divination の違いがなくなってしまっている。 meditation を黙想とか瞑想とかブレた訳し方をしておいて、黙想と瞑想は違う、黙想はいいけど、瞑想はダメとか言いだすのも大きく脱線しているということになる。 ポイントは「divine とは何か」ということです。 divine を理解できないで divination を訳すことはできない。 to be inspired by a god が divination なのだから、 to be inspired by a devil は divination ではないということ。 ちまたの占いのほとんどは to be inspired by a devil であるということ。 ちまたの占いを指す fortune-telling は to be inspired by a devil であるということ。 まあ良くて fox です。devil より fox がましです。fox に罪はない。devil には罪がある。 divination は prediction ではないから予言とか未来予測とか訳すのも間違いということ。 to be inspired by gods と to be inspired by a god と to be inspired by God ではこれまたぜんぜん違うことになる。 本物の divination は未来を予言することなどしません。未来は本質的に予言できないものだからです。 それを予言できるもののように見せかけるのは詐欺ということです。

topic: philosophy
first posted: 2017-04-29 06:12:55
last modified: 2017-06-06 12:51:57