タロットに善も悪もないんです。 タロットカードにネガティブなカードや不吉なカードなどないんです。 タロットは悪魔のツールだとかいまどき言っている人がいますよね。 映画や漫画や宗教に刷り込まれた認識のままなんですね。 魔術が何かも知らないで勝手なことを言っているわけですね。 仏教だってキリスト教だって広い意味では魔術ですよ、 白いほうの高等魔術が仏教とかキリスト教だとも言えるわけです。 ピンとこないひとは、べつにピンとこなくてかまいません。 ピンとくる義務がすべての人にあるわけではありません。 ようするに魔術とはアストラル操作術なんですから善にも悪にも使えます。 天使と悪魔の戦いの実情は白い魔術と黒い魔術の戦いと見ることもできます。 見えないものを信じる力はタロットリーダーとシーカーの双方に求められます。 目に見えないものを信じることが宗教や占星術や心霊術やタロットを成立させています。 キリスト意識の信仰生活においても見えないものを信じる力は必要です。 その信じる力なくして、なにを信仰していることになるでしょう。 タロットを否定するなら「目に見えないもの」を否定することになり「キリストの存在」も否定することになり「神の存在」も否定することになります。 従順であれといいながら他の宗教やアイデアや視座に対しては極めて従順でないという宗教が多々あります。 「神は唯一の存在であり、すべての宗教は神が用意している」=「すべての宗教は唯一の神から出ている」ということならば、 批判や改善要求はよいとして、否定されうる宗教などないわけです。 タロットを悪魔のツールだとして否定するならそういうことまで考えてから否定してほしいものです。

topic: philosophy
first posted: 2017-02-15 15:48:30
last modified: 2017-02-18 12:10:40