「心の声を聴けというアドバイスがありますが、これはちょっと危険なアドバイスでもあるのです。 心の声のソースが不明なのに、心から声が聞こえたからといってほいほい従うのかと。 その声はなんなのか。悪魔によるものなのか。レゾナンス技術の標的になったことによる物理的なものなのか。 このふたつはよほどあなたが大物でない限り心配ないですね。 普通の人で問題になるのは、キツネとか、地縛霊とか、そのへんのレベルですね。 これが心の声として聴こえうるということ。 これがまぎらわしい。 これを神の声だと早合点してしまうと後々面倒なことになりますね。 じゃあどう見抜くのか。 瞑想していて仏やら神やらが出てきたら槍で突き殺せというアドバイスがあります。 おなじことですね。ほんとうのハイヤーセルフが神だの仏だの自称しないということです。 「私は神だ」とかいって出てくる時点でおかしいと。 一つ方法があります。 「心は声を発さない」という判断基準があります。 つまり声として聞こえている時点で怪しい、と判断するわけです。 voice ではなく gut feeling を信じよということです。 本物の天使やハイヤーセルフなら、 音声による言語的情報ではなく、 マチエールとかムードのような質感的情報とか数字の並びのような象徴的情報で伝えてくるはずです。」 キツネは言った。

topic: philosophy
first posted: 2016-11-13 13:16:12
last modified: 2016-11-13 13:34:32