Omnicycles.exe が WineBottler.app でうまく動かない。 コケる時はなんかとてもつまらないことでコケている感じなので惜しい。 開発者ならかんたんに問題解決できそうな感じ。 不具合報告を WineBottler の人にしたい。

ちゃんと動くところを見てみたくなって 2016 年にもなって 押入れから退役していた FreeBSD サーバー (Pentium III 933MHz) を出してきて スライス切り直して スライス1 に Windows98SE を入れた。まあ、ドライバのインストールでコケるコケる。これは Windows 98 系のお約束ですね。まあ、パズルゲームだと思って、乗り切る。Intel PRO/100 S のドライバーのインストールが最大の地雷原。なんとか乗り切る。まあ Windows98SE でインターネットするつもりはないので、ネットワークアダプタを使えるようにしなくていいんだけど。ビデオカードは最愛の Number Nine Revolution 3D を試みるもやっぱり 1999 年製ドライバが再起動不能問題とかスリープ復帰不能問題とかを起こして、断念。いつか来た道。NVIDIA RIVA TNT2 の Diamond Viper V770 にしてなんとか乗り切る。ほんとにデバイスドライバのインストールが魑魅魍魎の世界。しかし Number Nine の画質はほんとうにすばらしい。くっきりしっとり滲みがない。比べて V770 (NVIDIA RIVA TNT2) の画質はノイジーで霞んで滲んでる。伝説の Number Nine の画質を知っている人はどのくらい生き残っているだろう。

その後、ごそごそやってたら、Number Nine Revolution 3D の STABLE な 1998年版ドライバーの入ったフロッピーが出てきた。LATEST な 1999年版ドライバは OS を終了できなくなる、それはダイヤセミコンも既知のバグだというメモも添えられていた。 06061201 (4.10.9371 Beta) (7-23-1998) がドライバの STABLE なバージョン。

topic: computer
first posted: 2016-10-29 19:39:49
last modified: 2017-04-16 05:46:28