ちょっと Apple Mail と Gmail 以外のメーラーがひとつ必要になって、探してみたものの、MacOS には 標準の Apple Mail 以外にメーラーの選択肢がないのが現状ですと言っても過言ではないですね。 [Thunderbird があるのを忘れてますね] [Thunderbird じゃおもしろくないという趣向ですね]

で、2016年も秋になって、

Emacs で MewWanderlust か。

もしくは、

Terminal で MH か。

という事態に FTW lol

MacPorts で MH がスコンと入ったりして。WoW

'Thou shall be able to do
a "port install nmh"
and the right thing should happen.'

2012-01 nmh now available via MacPorts
https://lists.gnu.org/archive/html/nmh-workers/2012-01/msg00019.html

Mew みゅう

パッケージで入れる? ソースから make する?

STRONGLY RECOMMENDED:
Emacs パッケージ管理システム (package.el) を使うのがラクよん。
使い方は M-x list-packages して
C-s Messaging in the Emacs World
で Mew のパッケージをみつけて i して x (愛してエックス)ね。
C-s mew でインクリメンタルサーチすると
framework が全部ひっかかって
ひたすら C-s 連打のはめになってしまうから。

Mew を make してみるならば

ソースをMew 本家からダウンロードして、

~ % mkdir mew
~ % cd mew
cp -p ~/Downloads/mew-6.7.tar.gz .
~/mew % tar zxvf mew-6.7.tar.gz
~/mew % cd mew-6.7
~/mew/mew-6.7 % ./configure --prefix=/Users/foo

...

***************************
 Mew configuration results
***************************

use emacs             : /opt/local/bin/emacs
elisp files should go : /Users/foo/share/emacs/site-lisp/mew
etc files should go   : /Users/foo/share/emacs/site-lisp/mew/etc
exec files should go  : /Users/foo/bin
info files should go  : /Users/foo/share/info
man files should go   : /Users/foo/share/man/man1

Then type 'make' and 'make install'.
For Japanese environment, also 'make install-jinfo'.

~/mew/mew-6.7 % make
~/mew/mew-6.7 % make install
~/mew/mew-6.7 % sudo make install-jinfo

space! space! space!

By typing 'agree' you are agreeing to the terms
of the software license agreements. 
Type 'print'to print them
or anything else to cancel,
[agree, print, cancel] agree   

You can view the license agreements in Xcode's About Box, or at 
/Applications/Xcode.app/Contents/Resources/English.lproj/License.rtf

ここでは /opt/local/bin/emacs ですが、私は EmacsMac を使ってます。

インストールに Emacs builtin package system の package.el を使うなら、 Emacs を起動して M-x list-packages して C-s mew すれば見つかる melpa の mew 2016XXXX.XXXX で x (to execute) あとはやってくれる。

Mew の設定は ~/.emacs.d/init.el に直接書くより ~/.emacs.d/init-mew.el を作ったほうがお行儀はいい。 init.el のお尻に (load "~/.emacs.d/init-mew.el") だけ追加。 init-mew.el の内容は http://www.mew.org/ja/info/release/mew_1.html#configuration を参考に作ればオッケー。

あとは emacs -e mew でオッケー。 emacs を起動してから M-x mew でもオッケー。

ちなみに my sweets (installed packages)
evil            Extensible Vi layer for Emacs.
goto-chg        goto last change
mew             Messaging in the Emacs World
powerline       Rewrite of Powerline
powerline-evil  Utilities for better Evil support for Powerline
undo-tree       Treat undo history as a tree
今日は
Mew を M-x list-packages で入れました。
Mew の設定をしました。
やっぱ Emacs っていいねえ。
この「コタツでみかん」感覚がねえ。

classiclog には GitHub 支店もあります。
https://github.com/classiclog
自作の Emacs package "powerline-mac" をおいてますのでよかったらどうぞ。 Emacs での日本語入力をちょっと快適にするパッケージです。

Fool's Journey のワクワクはつづく。

topic: macosx
first posted: 2016-10-10 08:51:38
last modified: 2016-10-12 18:09:28