2D パネルをテスクスチャとして 3D コックピットへマッピングして 3D パネルとしてごまかすこと。

これをやってはいけない。 ちゃんと本当の 3D パネルを Blender で作るか、そのスキルまたは暇がないならいさぎよく 3D パネルなしの 3D コックピットにすればいい。

Performance of Panel Texture vs. 3-d Cockpit http://developer.x-plane.com/2010/07/performance-of-panel-texture-vs-3-d-cockpit/ A 2-d panel mapped to 3-d via the panel texture vs. a true 3-d panel: The answer might surprise you: in some cases you’ll get better performance by modelling directly in 3-d.

Best Practices for Creating 3-d Virtual Cockpits in X-Plane 10 http://developer.x-plane.com/?article=best-practices-for-creating-3-d-virtual-cockpits-in-x-plane-10 Things you should not do: Do not use the 2-d panel for 3-d work. Things you should do: Use the 3-d panel in Plane-Maker. Plane-Maker’s panel editor has two panels to edit, a 2-d one and a 3-d one – this allows you to make a 2-d panel and build a separate 3-d panel for texturing. For 3-d work, always use the 3-d panel, and put custom panel/instrument textures in the cockpit_3d folder of your aircraft.

The 3-d Panel Is Not Always Necessary http://developer.x-plane.com/2010/01/the-3-d-panel-is-not-always-necessary/ There is no need to use the 3-d panel if you only want 3-d cockpit. That might be the most counter-intuitive statement in the entire universe. Let’s break it down and see what’s going on.

「2D コックピットを 3D コックピットへマッピング」させる手は Aircraft Author/Disigner/Builder にとって手間を省けてうれしいのだけど、やはり手抜きであって、そのツケがくるわけです。「2D コックピットを 3D コックピットにマッピング」で手抜きする時はパネルを最小限の機能に抑えたい。Aircraft Author としての私は 3D コックピットにパネルを一切設置しない主義です。パネルを見たい時は 2D コックピットに切り替えるようにします。3D コックピットはあくまで周囲をぐるぐる見たいときに使うものと割り切ってしまえばいいんです。そうすれば、むだな huge impact to frame rate の無い飛行機に仕上がります。3D コックピットは欲しいけど 3D パネルのつまみをマウスでいじることにはいらいらする人って少なくないはずですしね。

topic: plane
first posted: 2016-09-22 09:22:53
last modified: 2016-09-22 11:06:06