うかうかしてたら iOS 9.0 が出ちゃった。 普通の方法(iTunes)で iOS 8 の Latest Version 8.4.1 に Update できなくなってしまいました。 もちろん Download Only もできなくなってしまいました。 だがしかしまだなんとかなります。 Apple のサーバーへのダイレクト・ダウンロード・リンクから ipsw をゲットして、iTunes で "Update With Option Click" する方法がありますね。 サーバーは Apple ですからブツは本物ですぜ奥さん。 だがしかし Option Click ワザが使えるのは最新バージョンのリリースからたぶん 1週間。この案件、急ぎます。(いわゆる SHSH 発行に関する問題)

2015.9.16 にリリースされた iOS 9.0 です。 2015.9.21 に iPhone4S を iOS 8.4.1 の ipsw で Update (Upgrade?) できました。 まだ 5 days ago ですから間に合いました。

じつはその前に 8.4 の ipsw で Update を試みたのですがエリジブラれました(断られました)。 ほんとうは 8.4 に Update したかったのですが T_T。 ようするに「バージョンを古い方へ戻す」という行為はいわゆる「脱獄行為」の一種にあたると判断されるいう事ですね。だからできないんですね。 しかし特例的に「ひとつ前のバージョンへは期間限定(最新バージョンのリリースから約1週間)で容認される」ということなんですね。 iPhone4S の場合、容認とは「iTunes に対して Apple のサーバーから SHSH が発行される」ということです。

If you see 'This device isn't eligible for the requested build' in iTunes
https://support.apple.com/en-us/HT201442
If you see one of these messages and need help updating or restoring your iOS device, install the latest version of iTunes and try to update or restore again. If you need more help, follow the steps below.

8.4.1 の電池の減りのひどさは iOS 史上最悪かも。 あらゆる節電対策をもれなくしていても Safari で通信状態になると電池が 10秒で 1% 減っていきます。

OS のインストール直後はシステムがバックグラウンドでいろんな整備をやってるので電池の減りが激しいという事もありますから、2、3日くらい様子を見ますと、電池の減りが改善されていくようですね。これは MacOSX でも同様です。

iPhone4S では 8.4 までが正解なんでしょうか。 たしか iPhone4S へは 8.4.1 への Update 通知はなかったような。 そういうことだったら、結局は 9.0 にするしかないかもですね。 iOS 9.0.3 くらいまで待ち。

Links for The Latest Versions http://osxdaily.com/tag/ipsw/

余談: ようするに、unix ユーザーなら MacOSX の Terminal で ls できるとうれしいわけです。

How to List All IPSW Files from Apple Servers Using the Command Line
http://osxdaily.com/2013/11/15/get-list-all-ipsw-files-from-apple/
"Many advanced users prefer to use firmware files when updating their iOS devices to the latest version…"

topic: macosx
first posted: 2015-09-21 14:40:24
last modified: 2015-09-25 12:19:25