ケイシーダイエット(=ケイシー食事療法、ダイエットは痩せるって意味じゃない) は患者に合わせて臨機応変、対機説法なので

食品を簡単にアウト、セーフで分けられないのですが、最大公約数的に絶対セーフなダイエットのリストを作りたい。なかなか一筋縄ではいかなくてバージョン更新の日々です。

コーヒー: 砂糖、ミルクを入れなければ、食品として価値がある。一日に2、3杯はオッケー。紅茶も同様。 ケーシーダイエットでは砂糖ミルクは問答無用なくらい御法度。血液ドロドロ症候群はカフェオレとココナッツミルクが大好き。

パン: ショートニング、砂糖、ミルク、バターを使わない、正統なフランスパン、チャパティならセーフ。 全粒粉がいい。ナンはアウト。アタを買ってチャパティを自宅のフライパンで焼くのがよい。

ビール: 食品としての価値がある。ほどほどならよい。疲れているときは卵黄を一個入れて飲むとよい。日本の普通のビール(ピルスナータイプ)は薄くて食品としての価値は少ない。ビールならエールかポーターに限る。エールとポーターのどっちがいいかはケイシー・リーディングでは不明。

ワイン: ほどほどならよい。黒いほど高級品だろうという筋ならマルベック最強。ワインは値段ではない。ほんとうにそう思う。

貝、エビ、カニ、ナス、トマト、ジャガイモ、ピーマン、パプリカ、トウガラシはニキビの原因になる。増粘剤、酸味料は間違いなくニキビの最大原因。増粘剤、酸味料ほど邪悪な物はないかもしれない。

りんご: アウト。特に口内炎のできやすい人。りんごを絶つと口内炎が出なくなる。ほんとに劇的効果よ。りんごは虫歯の主原因のひとつでもある。総合的にりんごは避けるのが無難。

牛乳: 完全アウト。

味噌: 一年以上熟成した物ならよい。ふつうの味噌の熟成期間は長くて半年、短くて2、3ヶ月。長期熟成ものはスーパーで売っていない。信州三年味噌はインターネットで買える。 豆板醤の最高級品「ピーシェン豆板醤」は熟成期間が3年なのでオッケー。赤くなくて黒いので黒豆板醤とも呼ばれる。豆板醤も長期熟成ものはスーパーで売っていない。ピーシェン豆板醤はインターネットで買える。私のお気に入りは三明物産。

寿司: アウト。白米(でんぷん)と動物性タンパク質の食べ合わせがアウト。なのでカッパや干瓢の細巻き以外の寿司はアウト。これは日本人として受け入れがたい。どんぶりもほぼすべてアウトです。

エドガー・ケイシー療法の原理 http://www.eccj.ne.jp/?frc01

topic: health
first posted: 2015-07-10 14:46:00
last modified: 2015-07-13 02:10:36