正しい雨乞いの祈りは自分に向けてする。
自分は自然の一部、神の一部。
自分は雨を降らせる権限をもっている。
まず自分が雨になる。
それが現実に広がっていく。
そして現実も雨になる。

これがアファメーション。

テニスもそう。
習ったり覚えたりするのではない。
まず自分が理想的で美しいテニスになる。
上手なひとは
テニスをしようとしていない。
テニスになろうとしている。
そしてそれが現実に広がる。

デッザンもそう。
それを描くのではない。
描こうとしているものに自分がなる。
するとそれは用紙の上に現れる。
上手なひとは
絵を描こうとしていない。
絵は自分の一部である。
まず自分が絵になるのである。
すると勝手に絵は描かれていく。
どこをどう描いたのか覚えていない。
しかし絵は現れている。

スターシードはこういうことが
ふつうにできてしまうのだろう。
だからスターシードは
なんでも上手にできてしまう。
それを習う能力ではなく
それに成る能力なのである。

現実は画家が描くものである。
その筆は想念である。
想念は周りの現実に影響を与える。

topic: philosophy
first posted: 2015-03-25 01:41:29
last modified: 2015-03-25 20:57:40