ワーナーホームビデオの日本版ブルーレイで日本語字幕を出せないプレーヤーが存在する。

前提:
Blu-Ray のリージョンは日米同一。
同じマスターを使用し、パッケージだけ日本語にし、
日本向け商品として発売するメーカーがある。
マスターに日本語字幕は入っている。
ワーナーホームビデオなどの商品が該当する。

問題:
こういう商品に対応できないプレーヤーがある。
入っているはずの日本語字幕を出す手段がない。
プレーヤーのソフトウェアの問題。

原因:
ワーナーホームビデオの商品が
「日本語のデータを隠しトラックに格納する仕様」
であること。
このマスターを日本語版として日本で発売したので
「隠しトラックを表示する機能」が
プレーヤーに要求される。
この機能がプレーヤーにあると決めつけている。
ソニーはこの機能がデフォルトで off。
パイオニアはこの機能がデフォルトで on。

対策:
プレーヤー本体の設定で
「視聴環境に関する設定をすべて日本語にする」
これで、この問題に対応できることがある。
隠しトラックを表示する機能が
そもそもないプレーヤーでは
どうしようもない。

ソニー BDZ-AT300S の場合:
設定>BD/DVD視聴設定>BD/DVDメニュー言語
これがデフォルトで英語になっている。
これを日本語に切り替える。

topic: video
first posted: 2015-02-16 19:41:01
last modified: 2015-02-16 21:24:06