ようするに「フォワード・スリップ」とはなんなのか?

Slip に関しては Airplane Flying Handbook - FAA (pdf) の Chapter 8 (Page 8-10) の INTENTIONAL SLIPS (わざとらしいスリップ) がわかりやすい。まずはここを見ないと理解できない。FAA のハンドブック群はさすがにどれもよく書けている。

Crosswind landing - Wikipedia (English) もわかりやすい。

Slip に関するキーワード

sideslip
forward-slip
crab (heading into the wind)
de-crab 
crosswind landing

Gimli Glider
US Airways Flight 1549

Slip uses aileron and opposite rudder

slip には forward-slip (keep moving towards the target) と sideslip (maintaining the same heading) の二つがあるが、じつはまったく同じ事なのだということ。 違いは「パイロットが行きたい方向はどっちか?」という気持ちの問題だけなのだということ。 ようするに、maneuver マニューバとしてはなんの違いも無く、つまりどちらもまったくおなじことをおこしているけれど、スリップをどっちへ向いて起こしたいのかという気持ちに違いがある。

機体の状態から、スリップ中はエルロンがエレベーターの役目になる。基本的にエレベーターは使わない。 言葉だけで説明するのが困難だけど、判ってしまえばなんてことはない。 ようするにパイロットから見て前へスリップするか、横へスリップするかの違い。 言葉だけで説明するのが難しい。 「前へスリップ」「横へスリップ」と言われてもイメージできない人もいるだろう。

sideslip はヘディングを維持したまま横へスリップする。sideslip するためにはまずバンクが必要なのでエルロンを入れる。ヘディングを維持するために適度な逆ラダーを入れる。逆ラダーを入れないとヘディングがずれていってしまう。機体の進行方法は斜め前になる。

forward-slip は「左肩を前へ向けて進んでいく」ような感じで前へスリップする。空気に向かって左肩でタックルしていく感じ。 右肩でもいいけれども、なぜ左肩かというとサイドバイサイドのコックピットの機長席は左なので、左肩のほうがコックピットの窓から視界を確保しやすいから。単座機ならどっちでもお好みということになるが、プロペラ後流がからんでくるのでプロペラの回転方向に依ることになるだろう。forward-slip は進みたい方向とスリップの方向が一致している。空気抵抗がグンと増えるので、進む方向を変えずに速度と高度を落とせる。簡単に言うと機体全体をエアブレーキに使える。グライダーで安全にエアブレーキをかけるにはこの挙動しかない。

スリップは横風での着陸時に使える挙動だが、スパンの長い飛行機は slip より crab を用いる。 理由は、長いスパンの飛行機が slip でタッチダウンすると翼端を滑走路へぶつけてしまうから。 slip ではロールも使うのでバンクが起きている。 crab ではロールを使わないのでバンクが起きていない。

In strong crosswind conditions, it is sometimes necessary to combine the crab technique with the sideslip technique. This technique is also called a forward slip and is used whenever the aircraft is too high on approach, and there needs to be a rapid reduction of altitude without a gain of airspeed in order to conduct a safe landing. http://en.wikipedia.org/wiki/Crosswind_landing

Crab maintains wings level

自動詞の crab はカニのように横ばいに進むこと=斜め飛行のこと。 crab と slip は何が違うのか? wing level を 水平に保つようにして斜め飛行するのが crab で、 wing level が水平じゃないのが slip ということになる。 それだけのちがい。

topic: plane
first posted: 2015-02-05 21:41:51
last modified: 2015-02-09 16:03:07