1. ディスプレイの色温度を 5000K 以下にする。
MacBook はこれが簡単にできない。色温度の低い Profile の導入でなんとかなるはずなんだけど。要調査。

2. iPhone は黒地にする。
iPhone 設定 > 一般 > アクセシビリティ > 色を反転

3. 自分の周波数を上げる。
ブルーライトの波長による干渉を受けなくなる。

3番目は判る人には判るでしょうが、解説が必要ですね。 「光や音などの波動」による「破壊の仕組み」は共振。共振が起きないようにすればよい。自分の「物質としての周波数」を上げれば共振が起きなくなる。もしくは自分の周波数を下げる。もともと周波数の低いひとはブルーライトの波長で共振が起きない。Wi-Fi アレルギーといわれる現象もまったく同じ仕組み。ひどいひとは吐き気を催すくらいひどいらしい。それでアメリカ国立電波天文台の近所へ移住したりする。 「電磁信号アレルギー Wi-Fi 難民」でぐぐってね。 Wi-Fi の電磁波の干渉を受ける人と受けない人の違いは、本人の周波数。高すぎるか低すぎる周波数の人は Wi-Fi の波長で共振は起きない。つまり高貴なひとか邪悪なひとは ブルーライトや Wi-Fi 電磁波の影響を受けない。ふつうの人が影響を受ける。

虫を「光という電磁波」で殺せます。

電波も光も音も波です。虫より、悪を「光という電磁波」で殺せるといいな。スペシウム光線か。「青色光を当てると昆虫が死ぬことを発見 (新たな害虫防除技術の開発に期待)」ってリリースなんだけど、深読みして「実は恐ろしい真実」に気付けるかどうか。

青色光を当てると昆虫が死ぬことを発見~新たな害虫防... | プレスリリース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-

青色光に殺虫効果-東北大が発見、UVよりも波長が長い可視光で致死率70―95%-日刊工業新聞

可視領域の青色光に殺虫効果 | スラッシュドット・ジャパン サイエンス

電波、光、音、電子レンジの出す電磁波、IH 調理器の出す電磁波、Wi-Fi ルーターの出す電磁波、それらに本質的な違いはない。単純に言えば周波数と振幅が違うだけ。「光も音も IH 調理器も同じ電磁波だよ。光や音が安全なんだから IH 調理器は安全なんだよ」とかいってる知的レベルでは笑止千万。光で虫を殺せるんです。音で人を殺すことだってできるんです。 電磁波の周波数と、それに共振する物質があれば、共振で起こることの本質は全て同じ。電磁波の周波数と出し方をうまく工夫すれば、地球という物質に共振を起こさせて破壊することも理屈としてはできます。知らないで済ませるか。知ってても知らないふりをするか。知ってはいけないことまで知ってしまうか。遺伝学と電磁波関係の研究者はよく自殺したり事故死するそうです[要出典]。
知ってはいけないことがあるー_ー

topic: health
first posted: 2014-12-11 19:02:47
last modified: 2014-12-15 23:57:18