iPhoto と iMovie の掟

Q: リンクは Terminal で ln -s すべき? Finder で Make Alias すべき?

MacOSX としては Finder で作った alias が無難だと思う。

Tip: iMovie Project で iPhoto Library (iPhoto Videos) をそのまま clip に使わないこと。 「絶対パス問題」のせいで iPhoto Library が動かせなくなる。 無精せずに iMovie Events で import して clip にすること。 iMovie Events の容量がかさんでしまうけれども、これが正しい筋。

「絶対パス問題」とは iMovie Projects が iPhoto Library を絶対パスで見ている問題。バグといってもいいくらいのマズイ仕様。

Tip: iPhoto Library と iMovie Projects と iMovie Events はどこに置いていてもかまわない。外付けドライブでもオッケー。 iPhoto Library にはシンボリックリンクが効く。 iPhoto Library はシンボリックリンクにして、実体は外付けドライブにおけばいい。

Tip: リンクする方法。外付けドライブの名前が iLife であるとして

Launch Terminal
% cd ~/Pictures/
% ln -s /Volumes/iLife/2014/iPhoto\ Library iPhoto\ Library

iPhoto Library と iMovie Project と iMovie Events はひとまとめにしてアーカイブする。これは「絶対パス問題」が理由。まとめておくことでこの問題を回避する。とりあえず年ごとにまとめる。

iLife/2014/iPhoto Library/
iLife/2014/iMovie Projects/
iLife/2014/iMovie Events/

iLife/2013/iPhoto Library/
iLife/2013/iMovie Projects/
iLife/2013/iMovie Events/

iPhoto の起動は Finder で iPhoto Library を Open することになる。

topic: macosx
first posted: 2014-12-09 16:27:01
last modified: 2014-12-09 18:36:44