Q: 1本張りがいいの? 2本張りがいいの?
A: 1本で張れるなら、1本がいい。1本張りの方が難しい。手際よく短時間で 1本張りできるストリンガーが本物。 ただしラケットによっては強度的な理由で 2本張り指定のものがある。

Q: なぜ 2本張りのクロスは上から下へ張るの?
A: 上から下へ張った方がラケットは耐えやすいから。
Wilson と Babolat は硬くて強いので、下から上へ張っても耐えられる。 しかし HEAD や YONEX は軟らかくて弱いので、下から上へ張るとフレーム形状に損害が生じる。 特に YONEX は厳禁で、下から上へ張ると製品の保証が失効する。

Q: ラケットは硬いのがいいの? 軟らかいのがいいの?
A: それは永遠の問題です。
最近のプロは HEAD と YONEX の戦績がよいわけで、軟派が硬派を圧倒している。軟らかいラケットは初速が遅く、コントロール性能が高い。着弾後の速度は硬いラケットよりむしろ速い。学習者用のラケットはぜったいに軟らかくあるべきで、初心者が「硬くて弾きのいいラケット」を自分の好き勝手に選んで「いい球がパチンと打てて気持ちいい」と勘違いしてしまうと、その後の上達の障害となる。

Q: ハイブリッドは廃れつつある?
A: ハイブリッドにしているプロは 2割くらいなもので、 「プロはハイブリッド」という説は間違っている。ハイブリッドの方が偉いとか優れているというわけではない。
http://www.protennis.us/USOpen2013StringAnalysis.pdf

USRSA http://www.racquettech.com

Wilson BLX CORAL WAVE

Start at top, if two-piece stringing.

Tie off at 9B or 11B?

Wilson says 11B.
KlipperUSA says 9B.
Wilson's T = B (Bottom).
Wilson's H = T (Top).

X’s at bottom = 6B
X’s at top = 5T
Coral Wave BLX String Pattern
16 Mains x 19 Crosses
String Length
One 38' (11.6 m) length (ss: 10') or 20' (6.1 m) mains
and 18' (5.5 m) crosses. Start mains at throat.
Mains skip 7T, 9T, 7H and 9H. Tie off mains at 6T.
If one-piece stringing: Start X’s at bottom at 7T. Tie off X’s at 5H.
If two-piece stringing: Start X’s at top at 7H. Tie off X’s at 5H & 11T.
Recommended String Tension
55 - 65 lbs. (25 - 29 kgs.)

http://www.wilson.com/en-us/sports/tennis/pdf/rackets/2010_Stringing_Instructions_-_US.pdf

Racquet Name: Wilson BLX CORAL WAVE 105
Tension: 53 - 63
Length: 20'M - 19'C
Pattern: 16M X 19C
Skip M Holes: 7,9T - 7,9B
Tie Off M: 6B
Start C: 7T
Tie Off C: 5T - 9B

Key:
M = Main String
C = Cross String
T = Top of Frame
B = Bottom of Frame
S = Short Side Main

https://www.klipperusa.com/stringing/viewpattern.php?mfg=TWIL

Top down or bottom up ?
http://tt.tennis-warehouse.com/archive/index.php/t-498447.html

topic: tennis
first posted: 2014-11-11 17:32:23
last modified: 2014-11-24 14:50:17