興味のない人にはほんとうにどうでもいいことである。

HO = Half O = 1/2 x 1/43.5 = 1/87
HO gauge = 1/87, 16.5mm

16.5 ミリゲージは、英国で OO (ダブルオー)、米国その他で HO (エイチオー) と呼ばれており、わが国ではこれに 1/80 を含める時、総合的に 16番という名で呼ぶのが正しいのですが、一般には 16.5 ミリなら何でも HO と呼ばれているようです。
---- 山崎喜陽・鉄道模型・保育社 p.17

つまり誤解の発端は HO = 16.5mm という誤った解釈が広まってしまったこと。本当は HO = 1/87 という意味。 HO とはスケールモデルの規格であって、ゲージモデルの規格ではない。 HO というだけでは 1/87 の意味しかない。 HOゲージ といえば 「1/87 で 16.5mm の鉄道模型」という意味になる。

「一般には 16.5 ミリなら何でも HO と呼ばれている」ことを受容するのなら、KATO が 1/80, 16.5mm を営業上の理由で HO と呼ぶことも、しかたがない。 「HO だと表記されているから買ったのに HO ではなかった。誤表記にだまされた」といって、誰かが訴訟を起こすことでもしない限り、変わらないだろう。 本質的には食品偽装とおなじような話。 一部の雑誌は 16番 = HO というデタラメまで受容し広めてしまった。

「16番」という一般的に受けの悪そうな、わけのわからない適当な仮称ではなく「日本では JOO (ジャパニーズダブルオー) と呼ぶ」とでもさっさと決めて、初期段階で一気に啓蒙する手はあった。初動に問題があった以上、その後の混乱は当然。

Preiser は製品に HO 1:87 と表記している

1/80 を HO とどうしても表記したいのであれば、せめて Preiser を見習って HO 1:80 とでも表記すれば苦笑を伴いつつも救いはあるかもしれない。 もちろんできれば HO などと偽表記せずに「1:80, 16.5mm」とだけ表記すればいいだけの話である。

HOj と Nj

O は 1:43.5, 32mm のこと。
0 (zero) は 1:45, 32mm のこと。(fine)
EM gauge は 1:76, 18.2mm のこと。(fine)
OO gauge は 1:76, 16.5mm のこと。
J gauge は 1:80, 16.5mm のこと。
JM gauge 1:80, 13mm のこと。(fine)
HO は 1:87, 16.5mm のこと。(fine)
HOj gauge は 1:87, 12mm のこと。(fine)
N は 1:160, 9mm のこと。(fine)
Nj gauge は 1:160, 6.5mm のこと。(fine)
OOO gauge は 1:148, 9mm のこと。
Japanese N gauge は 1:150, 9mm のこと。
Z は 1:220, 6.5mm のこと。(fine)

16番英国型 = OO
16番日本型 = J
16番標準型 = HO

Japanese OO = J
Japanese OOO = Japanese N gauge

HOj = HO1067 = H0m

スケールとゲージの意味の違いをきちんと理解できていないレベルでは 1:150, 6.5mm を Nj ゲージだと言ったりする。

1:80, 16.5mm は 1320 mm へ改軌した国鉄の存在する平行宇宙のファインスケールモデルであると言い切るのは微笑ましい。

大人の趣味として鉄道模型を成立させ、婦女子からの理解と共鳴と感動を得ようとスケールモデルでちゃんとやろうとしている人にとって、16番日本型を HO と呼ばれると困る。

16番日本型を J gauge と呼ぶことに決着しそうでたいへん気持ちがいい。

topic: railway
first posted: 2014-09-01 01:09:15
last modified: 2014-09-05 12:18:22