ハイブリッドでは「メイン(たて)にナチュラル、クロス(よこ)にルキシロン・アルパワー・ラフ」が正解であるという結論のようです。考えてみればたしかに物理的な理屈にも合っている。メインの機能とクロスの機能からして「メインが軟らかく、クロスが硬く」というのが合理的なわけです。なぜ合理的なのかの説明はめんどくさいからしないけど。

ようするにメインにナイロン・マルチ、クロスにポリエステル・モノを使えばいいわけですよ。 メインに Wilson NXT とか Tecnifibre などの軟らかいナイロン・マルチを使えばコスト的にラクですが、テンション維持性は悪くなるようです。

別解としてハイブリッドにこだわらず「ソリンコ・ツアーバイトの一本張り」というのもありだと思います。

ハイブリッドの弱点は一本張りができないことに尽きます。張りの具合は一本のほうがぜったい良くできるからです。優れたストリンガーはできるだけ一本張りしてくれます。

topic: tennis
first posted: 2014-08-20 14:56:37
last modified: 2014-08-20 15:28:26