Dropbox はプライバシーの敵である。
---- エドワード・スノーデン

他人に知られたくないようなことは、
そもそもすべきではない。
---- エリック・シュミット

まっとうな人生を送っているなら、知られて困るような情報はないというのは正論です。自分の顔や体の作りがどうであれ、それは神が作ったもので、自分で作ったものではないのだから、製造者責任法に問われるのは神であって被造物ではない。自分が責任を負う必要はないんですから、堂々としていればよいのです。

Inside the mind of Google でのエリック・シュミットの発言(失言?)は「すべきではない」と言ったから一部のヒステリックな反発を買った? 「他人に知られたくないようなことは、そもそもインターネットに置くべきではない」と言えばよかった。 技術的な事にある程度明るい人ならば「知られて困るようなことを置けるようにインターネットはそもそも作られていない」ということを教養として知っている。

シュミット発言、本当はどういうものだったのか? If you have something that you don’t want anyone to know, maybe you shouldn’t be doing it in the first place, but if you really need that kind of privacy, the right of the people to be secure in their persons, houses, papers, and effects, against unreasonable searches and seizures, shall not be violated... とからしい。文脈の一部を切り取って悪意的に使われるというお決まりのパターンにも注意しなければならない。人々のあらゆる行為が観察・記録されることを悪魔の仕業とでもいいたい人々がいるようですが、そもそも「天網恢恢疎にして漏らさず」というのは日本人の宗教観、フィロソフィーとして自然なのですが。もっと言えば、そもそも人類ができたときから「人々のあらゆる行為は観察・記録されている」のかもしれないのですよ。話をアカシック・レコードあたりまで拡大すると(以下、略)

知られて困るような情報をなぜインターネットに置くのですか?ということに尽きると思うのです。 Google のサービスがなぜ無料で提供されているのかまったく考えた事すらない人が多いのでしょうか。 某テロ組織が Gmail でメールし Google Groups で計画立案のディスカッションしていたという都市伝説があります。

Dropbox を「プライバシーの敵」と発言したスノーデン、今後大切なのは「ゼロナレッジ」《瀧口範子「シリコンバレー通信」》 スノーデンが Dropbox に代わるサービスとして挙げたのは、米スパイダーオークが提供する SpiderOak http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20140722/1137583/?set=ml&rt=nocnt

SpiderOak

HIVE FOLDER
Drag and drop a folder or file inside Hive
and it will automatically sync across your other Hive folders.

RIGHT-CLICK IN YOUR FILE BROWSER
Select any folder or file to include in your backup, 
share a file, or access historical versions.

USE THE SPIDEROAK APPLICATION
Enjoy the full SpiderOak feature set
including monitoring activity across all your computers.

MacOSX app is here (Try For Free) https://spideroak.com/signup/

iPhone app is here https://itunes.apple.com/us/app/spideroak/id360584371

topic:
first posted: 2014-08-08 12:13:00
last modified: 2014-08-12 11:23:45