1 英語で日記 (挫折済み)
2 英語で手帳 (挫折済み)
3 英語で Twitter (最後の希望?)

英語教育が「本国人も読まないような英文学の悪文を読ませること」であるのは、ひいき目に見ても、無理筋でしょう。 簡単な単語を最小限に組み合わせてまず意思疎通を図り、だんだんと単語の数や組み合わせを増やしていき表現力を高めていく、というのが筋でしょう。

topic: book
first posted: 2014-08-04 12:32:52
last modified: 2014-08-04 12:39:24