iOS7 の標準アプリのシャッター仕様改悪問題から、カメラアプリを物色するはめになっております。(シャッター仕様改悪!って叫んでいればもとに戻してくれるかもしれないので、叫んでいます)

iOS 標準の純正カメラ 'Camera' より優れているカメラアプリってないのよね。 iOS 純正カメラは、余計なフィルター機能を追加とかシャッター仕様改悪など、たががゆるんできている模様がちょっと心配だわ。 純正カメラには「露出とピントを別々に指定する機能」の不足が指摘されるけど、必要ないといえば、ないのよ。 スナップ写真でそんなことやってる暇ないのよ、実際。 そんな機能で写真のクオリティが上がったりはしないのよ。 そんなことやりたいなら、ちゃんとデジカメつかえばいいのよ。

「なぜないのか」ということを教えるのも工業デザインの仕事です。
「そんなものはなくていいのです、もっと本質的なことに専念しましょう」と啓蒙することも工業デザインの使命です。

一眼レフを使っているプロがおすすめの定番も、ごちゃごちゃいじりたい向けの高機能が売りであって、カメラとしての本質は純正に劣る。 画質が良くないとか、ピントが遅いとか、起動に時間がかかるとか、バグをつぶせてないとか、撮影中に落ちるとか、ありえない。 「撮るだけに徹しているシンプルなカメラアプリ」とかって推すなら、純正カメラでいいじゃない。 そのアプリをあえてわざわざを使う必要がなぜあるのか。

工業デザインは難しい。 純正アプリは「Apple の筋」が通っていると思う。(いまのところは)

shooter (撮影アプリ) として、VSCO Cam はちょっと使ってみています。 editor (画像編集アプリ) としては Instaflash があれば充分かなと思うけど、MacOSX で編集するなら (iPhone で編集なんかしないなら) 必要ないと言えばないんですね。

topic:
first posted: 2014-04-21 11:59:44
last modified: 2014-04-21 22:21:17