パチンとたたかないこと。 パチンで飛ばしちゃダメ。 テイクバックを大きくしてパチンとたたいて終りというのが最悪のテニス。 「ラケットはさいごに肩で担ぐように」とよくいわれますが、 パチンとたたいてからラケットをゆっくり肩で担いでも意味がありません。

テニスの仕事はストリングがボールと出会った後からです。ボールとの出会いは丁寧に優しくです。テニスのスイングとはその後からのことです。テニスとはボールとラケットのいい出会いを作ってあげること、そして送り出してあげること。ボールをひっぱたいてるんじゃないんです。

「送り上げる」感じを理解できたらオッケー。しかしこの「送り上げる」感覚をコーチングするのが難しい。 どうやればこの感覚を初心者に実感させることができるか。コーチングの最大課題です。

上手く行くかどうかは、最初から正しく美しいイメージを明確に強烈に持っているかどうかに尽きます。

topic: tennis
first posted: 2014-03-09 18:06:03
last modified: 2014-03-15 13:43:41