Use ln -s

Launch Terminal
% mv ~/Pictures ~/Pictures.old
% ln -s /Volumes/newHDD/Pictures ~/Pictures
% ln -s ~ /Volumes/oldHDD

Done.

この問題は unix に親しい人なら ln -s で回避できます。 しかし iMovie のあきらかな設計不良。 Souce clip が見つからなければそのパスを人間に聞くように iMovie を作っておけば済む話なんですが。(というかそもそも、ファイルの在処を絶対パスで記録するという iMovie の仕様が駄目なのよ、なんでそういう仕様にしているのか意味不明)

iMovie のこつ

(1) iPhoto
iPhoto は iPhoto Library の場所として
Home/Pictures/iPhoto Library
を必ず見るようする。
それ以外の場所を見ないようにしておく。
そのために
Home/Pictures/iPhoto Library
の実体はシンボリック・リンクにしておく。
リンクにさえしておけば、
実体がどこにあろうと、どんな名前であろうと
かまわないということになるからとても便利です。
iPhoto 使うならまず
このリンクを必ず作っておくべきです。

(2) iMovie
Event Library での iPhoto Videos は
Macintosh HD を見るようにします。
つまり (1) で作ったリンクを見るようにします。
他のヴォリュームを見ないようにします。
これで「iPhoto videos へのパス」が統一されるので
Source clip is missing 問題は起きません。

...と思ったけど iMovie には無意味。
iMovie の
「イベントファイルの在処として
絶対パスを記録する」
という仕様がシンボリックリンクの意義を踏みにじる。

...じゃあ 3万円する Final Cut Pro X 買えば
ハッピーかというとそうは問屋が卸しそうにないんだな。

該当するプロジェクトのなかの 'Project' ファイルにパスが書かれているので、そのファイルの内容のパスの部分をすべて書き換えるというワイルドな解決法も理屈としてはありますが、書き換えにテキストエディタ (TextEdit や vim や emacs) は使えません。 バイナリーファイルを読み書きできるエディタが必要だろうと思います。 bbedit は持っていないので使えるかどうかわかりません。 $50 もしますから、わざわざ買う気になりません。

topic: macosx
first posted: 2014-02-17 14:32:09
last modified: 2014-02-17 18:35:51