最初が肝心ということにつきるのです。

ストロークはビンタ、ボレーはハエたたき、というのがダメの典型です。初心者が、ほんとにほんとにはじめてのときに正しく指導されなかった場合、もしくは、テニスを始める前から正しいスイングを見たことがなく、美しいイメージをしっかりと無意識に持っていなかった場合、陥るパターンはほぼ、可変ピッチ式横殴り打法になってしまいます。いわゆる「ビンタ打ち」です。こうなってしまうと不細工です。いちど付いてしまった癖を矯正することは困難です。脳にインストールされているテニス関係の運動制御プログラムを全消去して再インストールになります。いままでやってきたことの全否定になるわけですから、技術的より精神的に耐えられるかどうかが問題になります。美しくなりたいと思っていて、心の素直な人には可能性があります。 矯正コースの場合、これはもう無理だなと判断されるか、筋はいいと判断されるかの境目があります。

可変ピッチ式横殴り打法とは?

いわゆるビンタとおなじメカニズムです。フラットだけ打つ場合であっても、ビンタ打法では左右のコントロールが付きません。やや順回転をかけたいとなると、インパクト中にスイングのピッチを変える必要がでてきます。これは現在のテニス・メカニズムでは「やってはいけないことのベスト1」であるとしっかり認識されています。むかしむかし、ルコントはそういう打ち方をしてドライブショットを打っていましたが、ルコントと言えども安定しなかったわけですから、素人ができるわけはありません。そもそもルコント打法はメカニズムとして目指すべき方式ではないのです。非合理的な技法を磨いていくよりも、合理的な技法を身につけることに時間を使いたいと思います。 練習とは、割れ鍋の「綴じ蓋を磨く」ことに時間を費やすことではありません。 そもそも割れていない鍋を手に入れるための練習でありたいのです。

インパクト中にスイングのピッチを変えるとは?

(かきかけ)

フォームを気にしだすとテニスが楽しくなくなってくる?

フォームなど気にせず気持ちよくボールをひっぱたいて打球感の快感だけを求めているうちは楽しかったテニスが、 美しいフォームで美しいスタイルのテニスをしたいということになってくると、楽しくはなくなってきます。 しかしそこを乗り越えないと、美しいものは手に入りません。簡単ではありません。 美しいということはしんどくて辛いことなのです。 ちょっとやってすぐあきらめて「楽しくテニスができればよい、体を動かすことにこそ意義がある」というスタイルでもまったくかまいません。 あくまでも「美しいテニスをしたい」と思ったら、ラクはできないよ、ということです。

「軸ブレの無い体軸回転はしっかり使うけれど、ラケット自体はインパクトゾーンで平行移動している」ということがテニス・メカニズムの奥義です。 モダン・テニスでは軸回転をしっかり使います。むしろ体重移動を悪として忌み嫌います。スイング中は頭部が三次元的に静止しているというのがモダン・テニスの理想です。クラシック・テニスで使われていた体重移動を否定するのがモダン・テニスの理論です。

topic: tennis
first posted: 2013-09-06 17:07:12
last modified: 2013-09-08 14:18:28