「ラケットを左肩に担ぐようにする」というのも、誤解される隙のあるアドバイスで、初心者をミスリードする。とにかく担げばいいということではない。なぜ担ぐようなフィニッシュになるのかその本質の理解ができていないで、ただ担ぐだけではへんなフォームになってしまう。あまり担げ担げというと、初心者は担ぐことを意識しすぎてスイングの途中で肘をたたもうとしてしまう。肘をたたむのがはやすぎて、きちんとした充分なフォロースルーできなくなる。

スイングのスピードが速いと、フォロースルーのあとで、ラケットが肩に担がれるところまで「行ってしまう」というのが実際に起こっていること。そこまでスイングスピードが速くないレベルの初心者が、たんに肩に担げばよいのだと誤解すると、フォロースルーがおろそかになってしまう。遅いスイングスピードなのにフィッシュを肩に担ぐのは不自然で非合理的でナンセンス。

topic: tennis
first posted: 2012-11-25 17:30:43
last modified: 2012-11-29 20:51:37