右利きのフォアハンドのテイクバックで左手を前へ突き出し、ボールを指差すようにしたり、指越しにボールを見たり、そういう左手の使い方は NG。それをすると体軸の捻りが甘くなるだけ。メリットはない。「左手は前に突き出せ」とだけ言うコーチはちょっと問題がある。

左手はバランサーとして機能すればよい。それ以上の余計な仕事をさせない。余計なことがひとつ増えれば、ミスの生じる部分もひとつ増える。左手をみょうに使いすぎるのも不自然だし、回転運動連鎖系を阻害してしまう。左手はしっぽの役目だけすればよい。

クリス・エバートはなぜ左手を突き出すのか? その力学の本質を理解していないレベルで、とにかくテイクバックで左手は突き出せばいいのだと、その形だけ鵜呑みにしてはいけない。体軸回転の速度と効率を高めるためには左手を前に突き出すのは筋違い。

topic: tennis
first posted: 2012-11-25 14:58:09
last modified: 2012-11-29 20:55:11