SHEAFFER NoNonsense

ネーミングがかっこいい。日本ではノーナンセンスではなくノンナンセンスと呼ぶらしい。青(紺?)をひとつ持っています。いつどにように手に入れたかもおぼえていません。1000円以下の入門用万年筆です。プラスチックのキャップにちょっと入っているひびをなんとか補修したいですが、ひびの場所はキャップの気密性を低下させない場所なので、使用上の問題はありません。

これだけはなぜか捨てず無くさず持っています。ずいぶん使っていませんでしたが、シェーファーのコンバーターをたまたま見つけたので、ひさしぶりに使ってみたくなりました。シェーファーのカートリッジなら 1本100円もします。超太字に加えてインク・フローが豪快アメリカンなものでして、インクはみるみる減っていきます。コンバーターじゃないとちょっと経済的に維持できません。アメリカンです。

インクはペリカンのターコイズにしたいと思います。甘酸っぱい青春の思い出。まさにターコイズのためにあるような存在感の万年筆になりました。NoNonsense がずっと手元に残っていたということに、なにか意味があるんでしょう。

NoNonsense の黄色が欲しいけどもうどこにも残っていません。

ちなみに安物万年筆の代表、ペリカンのペリカノ・ジュニアを 10本以上買いましたが、すべてキャップが壊れました。キャップ以外は大丈夫でしたが。ペリカンの安物ならふつうの「ペリカノ」つまりジュニアじゃない「ペリカノ」がいいです。キャップがステンレスだからずっと使えます。持った時のバランスにもジュニアとは桁違いな本物感があります。値段はほとんど同じなのに。

ちなみにインクの高さに参ってお蔵入りしていた Montblanc Noblesse モンブラン・ノブレスにペリカンのコンバーターが使えることにも気付きまして、こちらも久しぶりに使ってみたりして。ためしにインクはペリカンのターコイズにしてみました。かなり細字なので、ターコイズで最も濃いとされているペリカンのターコイズを選んでみましたが、これでもさすがにちょっと弱々しい。やっぱりターコイズは太字向きです。細字にはペリカンのブリリアント・グリーンが締まるかも。

ヨーロッパのコンバーターには2系統あるんですね。 ペリカン・モンブラン系とロットリング・ウォーターマン系。 互換性はないと言い切っておいたほうがいいと思います。 モンブランにペリカン・コンバーターは使えますが、 ロットリングにペリカン・コンバーターは使えません。 ペリカンにロットリング・コンバーターは使えません。 ロットリングにウォーターマン・コンバーターは使えます。 ウォーターマンにロットリング・コンバーターは使えます。 ラミーは独自の規格です。

topic: tool
first posted: 2012-11-21 10:35:11
last modified: 2013-01-29 00:38:39