そんなことは、まだない。

MacOSX では
SSID は au 子会社の Wi2premium_club しか使えないみたい。
au_Wi-Fi, au_Wi-Fi2 は MacOSX から使えないみたい。
というか、
au Wi-Fi はほとんど使いものにならない
という現状は変わっていない。
au Wi-Fi 接続ツールの作りも間抜けすぎる。
これが au クオリティ?

昨日、スターバックスで iPhone4S が 3G ではなく au Wi-Fi を使っていることに気がついた。以前はダメだった。 ならば MacOSX も「au Wi-Fi 接続ツール」を入れておけば au Wi-Fi できるかも。

まず AirPort(AirMac)などの Wi-Fi 環境にいること。LAN 環境じゃだめ。
つぎに MacOSX の「au Wi-Fi 接続ツール」で、
「初期設定」を iPhone の au ID とパスワード、
「ネットワーク(SSID)の登録」を一回やっつける。

これでオッケーのはず。

パソコン (MacOS搭載) でのご利用方法 | au http://www.au.kddi.com/wifi/au_wifi_spot/riyo/pc/mac.html

Wi-Fiで通信した方がバッテリーは持つ。
au_Wi-Fi2 という SSID のアクセスポイントは EAP 認証に対応している。

もう一度Wi-Fiに振り向いてほしい――「au Wi-Fi SPOT」の環境改善を進めるKDDI - ITmedia Mobile http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1211/02/news131.html

「まだ野良アクセスポイントや干渉の影響など、KDDIだけではコントロールできない部分もあるのですが、かなり改善しているはずです」(大内氏)

野良とか言うな KDDI。野生アクセスポイントといったほうが感じよくないですか。

topic: macosx
first posted: 2012-11-07 10:51:04
last modified: 2012-11-16 21:32:29