1瓶 300円のビールを2瓶飲まないと過ごせない 3時間を、1瓶 500円の本物のビール 1瓶で過ごせるならば、その旨さはいうまでもなく、コスト・パー・パフォーマンスでも 500円のビールが優れているということになりますね。喉ごしで飲むようなビールは本物のビールではないのですよ。500円のビールはごくごく飲んでしまう気などまったく起きず、噛み締めながらのひとくちひとくちが至福の発現の瞬間であり、その豊かな香りは長くいつまでも尾を引くのです。ゆえに次のひとくちまでの時間がとても長くなります。1瓶で 3時間持ってしまうのです。ワインに近い存在になっているといえます。なのでグラスは大きめのワイングラスを使うのが香りを最大限楽しむために効果的ということにもなります。ビールグラスやタンブラーに注ぐと香りを捨てるようなことになり、もったいないのです。

topic: food
first posted: 2012-10-31 20:35:37
last modified: 2012-11-01 15:35:01