ダウランドのリュートといえば BIS。 「BIS音源のBrilliant盤」もありますが音は「BIS盤」がいい。 コレクションするならちゃんと BIS で持っていたい。 CDであっても廉価盤は廉価盤の音がするのは事実。 物理的に、盤が薄っぺらかったりするのでしかたがないんです。 薄いと振動しやすく再生時にエラー補整も増えるでしょう。 ガラスのCDが一枚20万円しても買う人がいることにはちゃんと理由があるんです。

John Dowland: The Complete Solo Lute Music [SACD]

それと、入手困難だったオワゾリールの Dowland Complete Lute Songs アントニー・ルーリー/ダウランド:リュート歌曲全集が再発してます。 PROC-1159/63

topic: classic
first posted: 2012-07-26 21:30:45
last modified: 2012-07-27 13:15:00