冷泉さんはピアノ専門なので「ボチェッリ現象」には興味ないのでしょうか。まさかご存じないとは思えないのですが。 フジ子現象はボチェッリ現象と本質的に同じものです。 ほとんどまったくおなじパターンですよ。 同じ現象のピアノ版とテノール版です。 もちろんボチェッリのほうがはるかに大規模で、世界中をまきこんでのことですが。 http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2011/09/post-346.php
私はこの妙な対立の背後には深刻な問題があるように思うのです。それは、結局のところ専門家や音楽ファンは「フジ子・ヘミングの演奏に感動している人」をバカにしているという問題です。例えば、ヘミング女史の演奏を聞いて初めてショパンの魅力を知った人に対して、「ノクターンだけでなく、マズルカやバラードも聞いてみれば?」とか「エチュードは全部で12曲のものが2セットあって、有名なものをバラバラに聞くのもいいけど、続けて聞くと全体の構成がカッコ良いんですよ」というようなアドバイスならまだ分かります。  ですが、「アノ人の演奏はダメ。例えばショパンなら、ポリーニとか、ピレシュとか、ブレハッチを聞きなさい」という言い方では、折角ヘミング女史の演奏を聞いて「初めてピアノの音楽で感動した」人に対して、その感動の体験を否定してしまうことになります。それは、その人の人格を否定していると言っても構わないでしょう。そのように人を見下した姿勢がその世界の「敷居を高くしている」ということに反省がなくては、「フジ子現象」をクラシック音楽愛好家の裾野の拡大に結びつけることはできないと思います。

好き嫌いの表明なら誰にでもできる。 それが印象批評というものです。 文学評論では印象批評とは稚拙なものとして排除され乗り越えられるべきものとされるのですが、 だからといって「比喩の解読こそが本物の評論である」かどうかは怪しいものです。どっちもどっちです。 音楽評論ではいまだに印象批評がまかり通っているという問題があるわけです。 言葉で書かれた文学を言葉で語るのは簡単ですが、 言葉で書かれていない音楽を言葉で語る事自体がそもそもナンセンスという深刻な問題があるのです。

ポリーニ聴けとか、ブレハッチ聴けとか無料のレンタル・ブログで誰でも言えることです。 それはただのファン活動ですが、 ポリーニ大好き!を共有する場として存在する理由をだれかに否定される筋合いはありません。 良い子は「音楽ファン」の印象批評レベルのクラシック音楽鑑賞ブログなんて読んだりしません。 冷泉さんはそういうものにも目を通しておくのが仕事のうちなので大変ですね。そりゃあ気分も悪くなるでしょう。

醜いのは「自称クラシック音楽ファンの一言居士」よりむしろ「専門家」ですよ。 ボチェッリが出てきたときに「レコ芸」と「評論家」どもの見せた醜悪さをご存知ですか。

さらに結局のところ、フジ子・ヘミングの演奏に感動している人をバカにしている「専門家や音楽ファンやレコ芸とか読んでるような連中」を侮蔑している存在も凛としてあります。 知ったかぶりが「無垢で純粋な初心者」にかける迷惑を「永遠の初中級者問題」というわけです。

topic: classic
first posted: 2011-10-04 14:09:36
last modified: 2011-10-07 22:20:18