本物の音楽鑑賞とは直感力を養成するスポーツです。 解説本を読んでも無駄というのはそういうことです。 実際に自分であっぷあっぷしならがら泳いでみなければ、 いつまでたっても泳げるようにはなりません。 構図はロックもジャズもクラシックも同じ。 しかし鑑賞者が見ている方向と規模とレベルがまったく違います。 カテゴリーが違うのです。 好きとか嫌いとかのレベルの問題ではありません。 ロックとジャズは本物になればなるほどクラシックに含包されます。 本物になればなるほど似てきます。 どこから登ろうと山の頂に近づくほどに登山者の距離は近くなるのです。

topic: classic
first posted: 2011-05-08 12:34:37
last modified: 2011-05-09 15:20:50