それがジャズやロックなどとは比較にならないほど広くて深いということがわかっていない段階では、 クラシックは古くさいとか、お高くとまっているとか、上から目線だとか、堅苦しいとか、きれいごとだとか、お上品なだけとか、上手に楽器を弾いているだけとか、そういう偏見を持ってしまうのもしかたがありません。

クラシック音楽サイドも敷居を下げようなどと愚かなことを考えて、やってみたくらだらないことでかえって馬鹿にされるということもあります。 子供だからといって子供扱いすると子供は敏感に感じ取り反発します。子供にとって「子供向け」とか「子供扱い」は嫌な感じなのです。

「芸術に対するルサンチマン丸出し」とか「芸術をわかりもしないでありがたがる」なども初心者にありがちです。 学校の音楽の時間とかテレビのクラシック中継で三流のクラシック音楽を聴かされているだけの状況ではしかたありません。 こういうレベルの人にクラシックはすごいよと言ってみても無駄です。

いつか一流の本物のクラシックに「はり倒される」とか「殴られる」とか「口から手を突っ込まれて奥歯ガタガタいわされる」とか「脳天から電撃がお尻まで」といったチャンスと巡り会えますように。 「本物のクラシックはそこらへんのロックよりロック。そこらへんのジャズよりジャズ。究極の哀愁。絶対的な癒し。すべてを包みこむ広い世界」に震撼することになるでしょう。本物と出会ってください。

topic: classic
first posted: 2011-04-16 13:14:56
last modified: 2011-04-17 10:34:18