From Nikon P300 20110414

徳島市内の有名なビストロを外からズームで撮りました。これだけでどこかわかるひといますか。 鍋は換気扇のフードの外に吊るというのはキッチンの整理として王道ですね。 フードの中になる壁に吊ると鍋が調理の油煙でどろどろになってしまいます。 やはりフードの外に吊るのが正解です。いいフードだと最初から吊りレールがついてます。

このビストロを通りがかるたびに吊られているソトワールが気になっていました。 いままでカメラでうまく撮れなかったのです。 遂に Nikon P300 で初めて撮影に成功しました。

ソトワールはフレンチのスタイル・アイコン。 なくても済みますけど、ソトワールさえあればなんでもできます。 ごはんだってちゃんと炊けます。 10万円の IH炊飯器なんかに負けません。

鍋はひとつにしろと言われたら? 普通は万能鍋として中華鍋を選ぶのでしょうが、書斎料理人はソトワールを選びます。 しかも一流の書斎料理人ならアルミより銅を選びます。 銅のソトワールをででーんと吊っておくのが夢なのです。 今日も世界の書斎料理人は銅をピカピカに磨いて疲れ果てお茶漬けを食べてほっとしています。

topic: tool
first posted: 2011-04-15 13:36:28
last modified: 2011-04-15 14:35:20