classiclog は RSS も送信しています。

http://artrec.homeunix.com/news/classiclog/rss10/

このリンクは以前からページの右サイドに常備してありますので使ってください。

RSS を活用するには Safari の RSS リーダー機能をおすすめします。

Q: RSS ってなに?

要するに「サイトの文字情報だけを配信し取得する」ための取り決め。 サイトのデザインや JavaScript や Flash や 画像などの情報としては無価値のデータを除去することで 配信と取得とその表示を軽くしようというのが目的。 サイトの更新状況をさくっとチェックしてもらうためにサイト側から提供される。

Safari で RSS を活用する方法

RSS に対応しているページには Safari が URL 欄の右端に RSS のマークを表示します。 それをクリックすると RSS をページとして表示できます。 RSS を表示した状態でブックマークすると Safari はそのページの更新情報を自動的にチェックし 最新状況を表示してくれるようになります。 新着記事の件数も表示してくれます。 その数字は未読記事の数ということになります。 サイトが更新されたかどうか 実際にページを見に行かなくても状況がわかります。 これが RSS のもっとも便利で簡単な使い方です。

Safari があれば十分です。 妙に凝った RSS リーダーは要りません。

更新されているかどうかだけなら Safari の Top Sites で「更新されたサイトはサイト画像の端がめくれて星マーク」が現れます。 こっちの機能の方で十分だったりしますから、わざわざ RSS ページをブックマークする必要さえありません。

Safari の RSS の設定

メニューバー
Safari > Preferences... (環境設定) > RSS

Safari の Top Sites 機能

メニューバー
Safari > Preferences... > General
New windows open with: [TopSites]

topic: macosx
first posted: 2011-04-15 12:12:55
last modified: 2011-04-15 13:17:14