From New Album 09/03/25 17:41

(1) はこちら
(2) はこちら

なぜ RAW がないのか。最大の謎。

RAW を省くことでどれだけコストダウンできるのとか、どんな販売上のメリットがあるのとか、まったく見えない。 RAW がなくてもべつに困らない人も、ここぞという機会では RAW で撮りたいと思うもの。 P300 に RAW をつけてもたいしてコストが上がるとは思いません。 推測ですが「RAW を省いた理由」は P300 に RAW を付けてしまうと P7000 や D7000 あたりが売れなくなるからではないか。稼ぎ頭のミドルレンジが食われてしまう。P300 に RAW があると出来すぎてしまい「ちょっとやばい」と思ったのではないか。利幅のない P300 なんかあまり売れてしまうと Nikon は自分の首を絞めることになる。あえて枷として RAW を省いたのではないか。そのへんのなにか「P300 出生の悲劇」っぽいこともなんだかドラマだな。Nikon として生まれたゆえの悲劇。プロジェクトXか。RAW をばっさり捨てる余裕。必死感の無さ。RAW なんか要らないということにそろそろ気付けという Nikon からのメッセージ。気に入った。 実は大佐専用隠しコマンドがあって RAW を選べる P300 になる(ウソ)。

「カメラとは何か」コンセプト・モデルとしての価値

画質がよくて RAW があって、 でもフォーカスが遅くて、 シャッタータイムラグがあって、 画面表示までも遅くて、 シャッターチャンスを逃してばかりの、静物しか撮れないようなカメラ(どこのメーカー?)より、 はるかに実用的だと思う。 飽きずに遊べる。何に集中すべきか教えてくれる。

春だから
RAW を捨てよと
Nikon が言うの
From New Album 09/03/25 17:41

topic: tool
first posted: 2011-03-27 14:47:01
last modified: 2011-03-27 15:39:43