Apple Magic Mouse でグラフィックデザインは無理です。 Apple Mouse もスクロールボールがアウト。 なぜ普通に 3ボタンマウスを作らないのか。

unix 生活やグラフィックデザインや 3D-CAD には 3ボタンマウス必須

シンプルな3ボタンオプティカルマウス、CAD操作にも最適、USB接続、簡易パッケージ。 幅広い支持のあったボールタイプ3ボタンマウスがオプティカルに進化。Unix/Linuxユーザーにも最適。

Blender は 3ボタンマウスがないと始まらない。真ん中がホイールじゃなくてボタンの「正真な 」3ボタンマウス。

手元に USB 有線 3ボタンマウスがひとつしかない。 これは Macmini に使っている。 MacBook Air 用にもうひとつ買い足そうとしたら製造中止で入手不可能。 古い PS/2 有線 3ボタンマウス なら押し入れにふたつあるけど、 最近は Mac しか使わなくなったから PS/2 の出番が無い。 USB-PS/2 コンバータケーブル(変換アダプタ)はまともに動くものがないので買ってはいけない。 とにかく、 Logicool が「3ボタン・ワークステーションマウス」を製造中止にするのが悪い。 いいものであっても売れないから作らないのでは、 メーカーとしての正義感とか矜持はないということになるので、 追加生産をお願います。

無線か有線か

無線系マウスは全体的にアウト。Bluetooth は特に。ポインタの動きがトロすぎる。 デザイナーには有線が無難。

レーザーかオプティカルか

オプティカルはマウスパッドが良くないとポインタが飛んでしまう。 いいマウスパッドであれば飛ぶことはないけれど、 やはりオプティカルではマウスポインタを精妙に動かすことは無理かもしれない。 しかし普通のデザインでなぜ作らないのか。 机の上に置きたくないデザインばかり。 黒いのも嫌い。白いからマウスという。黒かったら大きいXXXXに見える。つるつるして黒光りしていれば完璧。

解像度とか直線補整とか

解像度は 1000 dpi あれば十分かな。 直線補整という余計な機能がオフにできないという話は、 専用ドライバーではなく、汎用ドライバーで動かしてる場合の話かな。 だから余計な機能をオフする設定項目がないのかな。 SteelSeries での FreeMove とかの直線補正度合い調整機能は専用ドライバにしかないだろう。

Mac 用

Logicool の有線で Mac 対応は M500, LS-1, M115, M110。 有線でゲーミングなら MX-518, G500, G-3LS, G-9x。 ゲーミングは「直線補整という余計な機能」という厄介な噂が気になる。 結局、自分で買ってみないと本当のことはわからないのよね。 ということで M500 と LS-1 を買ってみて自分で試験してみる。

Logicool の Mac OS X 用ドライバは製品には付いてないので、別途ダウンロードする。

Logicool マウス http://www.logitech.com/ja-jp/mice-pointers/mice

Logicool マウス Mac 用ドライバはこれ。
Logicool Control Center for Mac OS X http://www.logitech.com/jp-jp/494/3129

なにこれ。M500 買おうと思ったらこんなのが。

調査中の商品 この商品は、商品自体、配送方法または詳細ページの内容に問題がある可能性があるとのご連絡をお客様からいただいたため、Amazonマーケットプレイスでの販売は継続しておりますが、現在Amazon.co.jpによる販売を休止しています。 この問題を早急に解決するため、現在調査中です。

ふーん。じゃあ LS-1 にしとこう。

topic: tool
first posted: 2011-03-12 18:09:07
last modified: 2011-03-14 21:22:37