Q: インドの詩人タゴールの詩が好きなのですが音楽家でもあったそうでタゴールの歌曲のなんかできれば日本語訳があるのないかしら。
ありそうなのにね。 ほとんどないんですよね。

有名なのはツェムリンスキー作曲のもの。 チェコのスプラフォンが出しています。 日本盤はコロンビアから出ています。 事実上これしかないんですよね。 マーラー:大地の歌と双璧になる曲ですね。

アメリカの作曲家オーガーマンがタゴールの詩に曲を付けたもの。 CDは1989年に出ましたが廃盤です。 http://artist.cdjournal.com/d/-/1166002170

作詩作曲ともラビンドラナート・タゴールのもの。これ貴重かも。

タゴールといえば最後のロマン主義者イエーツ(Yeats イェイツ)もよろしく。 http://artrec.homeunix.com/news/classiclog/story/1228195712_66792_0.html

キーワード「神秘主義」もよろしくね。 昔はインド-アイルランド-日本の三国で地球規模の「神秘主義トライアングル」が形成されていたんですね。 これを再形成させる運動もおもしろいかもしれません。 「日本は神秘主義に立ち返る」というのはありうる筋ですよ。 自然科学が進歩すればするほど神秘主義への回帰、再評価というのは十分ありうる話です。 世界はそうなりつつある。 自然科学が中途半端な文明は神秘主義をまやかしとか言ってれば済むようなレベルにあるわけです。

topic: music
first posted: 2011-02-04 16:13:03
last modified: 2011-02-05 15:31:31