バックエンドのほうの L ガーダーの高さをうんと取りバックシーンを兼ねるようにするのはデメリットもある。バックシーンはデタッチャブルにしておくと、前後を入れ替えて設置して逆の方からも鑑賞できる。 英国式カメオ型レイアウトの最大の弱点は視点が限定されること。 レイアウトは360度の方向から鑑賞できた方が断然楽しい。 これは水野良太郎師匠が主張している基本的なこと(良太郎プリンシプル)。

topic: railway
first posted: 2010-10-03 21:46:26
last modified: 2010-10-09 16:15:29