ウクレレCDは数あれど。必携CDをあげてみます。

ウクレレ楽園 / ハーブ・オータ

ウクレレCDのバイブル。これもってないってのはありえない。 SHM-CD で出たので狂喜乱舞。 オータさんをしらない人がいる。 そういう人は間違いなくウクレレをバカにしている。 そういう人にとってウクレレとはマキシンジであり続ける。

made in ukulele / gontiti

オータさんには申し訳ないですが、ハワイに限定しないなら、 日本人の琴線に触れるウクレレCDの最高峰はこれだと思ってます。 ウクレレ=ハワイアンという図式を崩そうとがんばっているミュージシャンは多いのですが、 その「がんばっている」感じが表に出過ぎてよろしくないものが多い。 gontiti にはそういうところがなくて自然です。 ウクレレの可能性をハワイアンから無理なく解き放っている。 gontiti の最高傑作のひとつでもあるといってもいいかもしれない。 「ぼのぼの」DVD を持っているくらいの人なら必ず持っているはず。 青は藍より出でて藍より青し。この SACD は家宝です。

僕のウクレレ、ナカニシの埃をはらってみた。マホガニーの音がする。

topic:
first posted: 2010-07-26 21:08:18
last modified: 2010-07-27 13:05:56