べつにオーディオに限った話でもなくて、「結局、引き算」というのはどこにでも見られる奥義である。 初心者はなんでも足そう足そうとする。 ほんとうはすでに充分ある。それから引いていくことで形が現れる。 オーディオルームの壁面は適材適所で的確な面積で吸音すれば、まったく吸音しない場合より、音場が広く深くなる。 そうなる理屈は図解できる。

topic: audio
first posted: 2009-12-02 16:05:04
last modified: 2009-12-02 16:05:04