ちょっと前、少しウェストが?と思った。 テニスをさぼっているからな。 最盛期には週に8回テニスをしていた。 それがなくなっているからな。 お腹には「出たら切腹」と言いつけてあるので大丈夫だけど。

で、何をしたかというと、自転車をやめました。 今ごろ自転車ダイエットとか仕掛けてる向きがありますが、甘い!

自転車じゃやせません。はっきり言えます。 だって普通の道を普通に走ってるだけじゃ、ほとんど転がってるだけだもん。 歩くよりらくちんだから自転車なんですよ。 山道を必死こいで登るとか毎日できれば別ですけど。

僕が実証済み。 自転車なんて、ふとももの筋肉しか使わないし、ふともも太くなるし。 僕の自転車は 「14段変速マウンテンバイクのタイヤをスリックに交換して時速70km」仕様でした。 眉山にも自転車をこいで登ったりしてました。最もローギヤにしてもしんどかった。 自転車の通れない道は自転車を肩にかついで歩いて登ります。 僕の自転車時代を知ってる人は 「彼が自転車は痩せないというんなら痩せないんだろう」 と思ってくれてます。

ダヨンさんのモムチャン・ダイエットには惹かれますが、あの手はどれも続かない、それはみんなが実証済みだと思う。

じゃどうするか。歩く。これ究極。

ただし、歩き方があります。 だらだら歩いてもだめです。 ウォーキングの基本は、 デューク更家さんの本やレッスンで詳しく知ることができます。

でも更家流はまじめにちゃんとやると、それなりにたいへんです。 ちょっと簡単とは言えない域に入っていく。 もっと簡単にしないと。 めんどくさいと、ちょっとでも思ったら、 結局モムチャンと同じことになってしまう。 エッセンスだけ抽出しないと。

で、僕のやってる超簡単な究極のウォーキング・ダイエット。

  • 歩幅を通常より3cmくらい多く取る。
  • そしてかかとから着地する。

たったこれだけ! 基本はこのふたつだけ。あとはお好みで、

  • 背筋を伸ばす。
  • 腰に意識を集中する。
  • 腰のツイストを意識する。
  • 腰の脂肪にここにいてはいけませんと思わせる。
  • 時間は片道15分でいいです。
  • そのかわりしっかりちゃっちゃと軍隊式に歩きます。

以上は更家流を踏襲しているだけです。 あと、上級編として、これはたぶん僕のオリジナルだと思うけど、

  • 3歩に1回、腹筋にぎゅっと力を入れる。

を加えれば、おなかにも効果が。片道15分の道で、じゅうぶん効きます。 「いち、に、ぎゅ!」の繰り返し。 3回という数字が大切です。1回では疲れすぎますし、2回ではいつも同じ足が出ている時に「ぎゅ」が入ってしまう。これではバランスが悪い。左右均等にということで3回。

なぜ脂肪が腰につくのか

脂肪は脂肪なりに気をつかっています。人間の動きにとって腰周りはもっとも邪魔にならない場所だから、腰なら付いても文句言われないかなと脂肪が思うわけ。だから腰はだめよと脂肪に知らせる必要がある。 そのためには腰を動かす必要がある。腰がいつも動いていれば、脂肪はああここにいるとお邪魔かなと思うようになる。脂肪は引っ越す。どこへ行く? たぶんお尻?

マウンテンバイクを止めたもう一つの理由

自転車ダイエットとか自転車通勤とかで、最近マウンテンバイクに手をだしている人が増えているそうですが、はっきり言って、マウンテンバイクは首にきます。 どうしてもきつい前傾姿勢になるからです。あれは首によくないです。首の骨がずれてきます。 慢性的に頭痛、めまいに悩まされる事になります。 どうしても自転車にのるなら、サドルをうんと下げて、いわゆる「殿様乗り」「イージーライダー乗り」にしたほうがいいです。しかしそれをマウンテンバイクでやると、かっこわるすぎ。なんのためにマウンテンバイクを買っているのだ、あの人は?と思われてしまいます。 そんな情けない乗り方するくらいなら、いっそマウンテンバイクに乗るの止めた方が潔い。

topic: health
first posted: 2008-10-30 22:25:52
last modified: 2008-10-31 20:45:22