マルチチャンネルが優れている理由だけを並べることもできますし、 駄目な理由だけを並べることもできます。 何が真実かではなく、 どのスタンスで書くか。

「サブウーハーから音が出ていれば、その音を耳や体で感じることができなくても、全体の音に影響を与え、音が良くなるという現象がある」と主張する人がよくいます。

次のような事実もあります。

  • サブウーハーの電源コードをコンセントに挿しただけで、他の機器の音が悪くなる。
  • サブウーハーの電源を入れると、他の機器の音がもっと悪くなる。
  • プレーヤーのサブウーハー出力にサブウーハーをつないだだけで、そのプレーヤーのフロントチャンネルの音がどかんと悪くなる。

ようするに、「なにか繋いだり挿したりしただけで、機器の音は悪くなる」のです。 これは回路的にも当然です。 だから音質優先なら、アンプにCDプレーヤーとスピーカーだけ接続した状態で他に何も接続しないのが最高ですし、アンプとCDプレーヤー以外のすべての機器の電源コードをコンセントから抜いてしまうともっといいわけです。 その事実を認めた上で、それでも、敢えてサブウーハーを繋ぎ、電源を入れていれば、可聴帯域外の音で可聴帯域が変調され全体の音が変わるということもあるでしょう。同じようなことがスーパーツイーターでも言えます。しかしそれは音が変わっただけで、良くなったと単純に言えるような変化ではないかもしれない。そもそも「サブウーハーなど繋いでいない時点での音」を超えなければ、サブウーハーをつなぐ意味が無いのです。

サブウーハーをつなぐと最初はうれしいものです。そのうち慣れてきて、飽きてくると、音がしつこく感じてきます。どんなサブウーハーでもうるさい存在になってきます。気に障るようになります。結局、サブウーハーは外される運命なのです。むしろ低音などないほうが、すっきりして心地が良いという境地もあるのです。

サブウーハー無しのマルチチャンネルも同じような運命をたどります。

マルチチャンネル懐疑派は品位の低いマルチチャンネルしか聴いたことがないからアレルギー反応を起こしているに過ぎないこともあるでしょうが、マルチチャンネル推進派は本物のステレオの音場を聴いたことがないかもしれません。

同じコストならマルチチャンネルの方が音がいいということも簡単には言えません。 チャンネルあたりの仕事が減るから、スピーカーもアンプも安物で済むとか、そう単純なことにはなりません。仕事が減っても音そのものの品位の低さは音にちゃんと出てきます。

「部屋の反射による、意図しない位相差の発生が、へんな打ち消しを生じさせることを、事実上制御しきれない」から、スピーカーを二つより多くするメリットが、デメリットを超えられない、という致命的な問題を棚に上げての我田引水にあまり意味はありません。チャンネルを増やせば制御できない変数も増えるのです。

だから部屋の反射は悪なのだ、無響室がベストなのだ、というのは浅はかで、でたらめな理屈です。 マイクとスピーカーが物理的に何をやっているか少しでも理解していれば、 無響室というのは、マイクで録った音を再生する場として、まったくナンセンスであるとわかるはずです。

上下左右前後の3次元全方位128チャンネル再生などというのも実験としては面白いですが、 バイノーラル録音をヘッドフォンで聴くときの音場より優れるとは思えない。 マルチチャンネル派は、128チャンネルよりも、4.1チャンネルが優れているという理屈を並べることも必要になってきます。

シンプルな2チャンネルですら録音は難しいのに、 マルチチャンネルを制作側と再生側の両方できちんと制御できるとは思えません。 映画は適当に音が広がっていれば済むから、適当なマルチチャンネルで、適当に成立します。

topic: audio
first posted: 2008-07-17 14:33:02
last modified: 2008-12-04 23:01:07