このサイト(コードネーム Varlog) は、独自開発フレームワークをベースにした weblog アプリケーションの ALPHA版で実験的に運用されています。アートレコード内の FreeBSD サーバーで全部動いております。

ブログのモードを 0666 にして公開しているのが classiclog です。 ブログのモードを 0660 にすれば SNS になります。

フレームワークから作るようなプロジェクトになるとは思ってなかった。

Varlog
Total Art Laboratories が開発中の weblog システム。 既存の CMS に満足できなかった ArtRecords の unix 部門が開発を始めた。 mod_perl 前提の 100% apache modules として開発されている。開発者の体に unix のオーナー、グループ、ファイルモードの概念が染み込んでいるため、アクセスコントロール機能などは最初から普通に搭載されている。設定次第で mixi にでも、twitter にでも、vox にでも、wiki にでも、どうにでもなる。 フレームワークから好きなように作りあげたので、開発に時間がかかっているものの、開発者はクリエイティブな仕事を楽しんでいる。おかげで運用開始は遅れに遅れている。開発を始めた頃には Rails も Catalyst も登場していなかった。開発者は Rails と Catalyst に気を取られ、開発がさらに遅れることになる。独自開発を中止し Catalyst へ移行すべきだという気運のなか、開発者は Catalyst をしっかり評価した上で、独自フレームワークの開発は続行する意義があると判断した。発想がまったく違うものだったのである。独自フレームワークは、オブジェクト指向/コンポーネント指向/脱テンプレート指向がより強く、MVC そのものにさえ懐疑的である。テンプレートエンジンが View, データベースが Model 、という単純な捉えかたにはメリットがあまりないと考える。 Perl プログラマの中でも特にオブジェクト指向の強い者しか使えないフレームワークになってしまっている。 その独自開発フレームワーク(コードネーム Noon)をベースにした、weblog アプリケーション(コードネーム Varlog)の alpha 版はすでに稼働中らしい。 mixi のような似非招待制ではなく、完全招待制のため、実体は謎のままである。(2007-06-28)

topic: perl
first posted: 2007-07-24 22:58:48
last modified: 2008-04-10 15:51:05