最近のマスタリングエンジニアは、 再生装置の性能が良くなっていることを前提に、 フラットでナチュラル指向になっています。 ですから、リマスタリングの恩恵を受けるには、 高性能な新しいオーディオを持っていなければなりません。 高額という意味ではありません。 安くてもいいからとにかく新しいオーディオが必要です。 リマスタリングでかえって音が悪くなったと思うなら、 オーディオを買い替える時期かもしれません。 逆に言えば、70年代の録音は 70年代の装置で聴くという方法もありますが、 そうしなければならないということではありません。 きちんとリマスタリングできれば、現代の装置で再生したほうが、豊かで深みがあります。

topic: audio
first posted: 2007-07-21 17:48:39
last modified: 2007-07-21 18:19:48