home / a study in english grammer

英語再入門

version 1.0 BETA (Mar 8 2007)

英文の構成を理解できるようになること
語法はそのためにある.
(英文法は文法用語を覚えさせるためにあるのではない)
たとえば, 5文型の用法とは,すなわち動詞の用法にすぎない.

結局のところ,英語とは,句と節の用法である.
(要するに,英語のつぼは,前置詞と接続詞と関係詞だけである)
句(phrase)の用法. すわわち,前置詞の用法
節(clause)の用法. すなわち,接続詞と関係詞の用法. いわばコンマの用法

英語の理解力の差は接触節(接触詞)を正しく把握するか否かに表れる.
接触節とは
関係詞(ie 関係代名詞)を省略した節

関係詞(ie 関係代名詞)とは
who,which,that,whatなどで, 代名詞と接続詞の働きを兼ねる語である

関係代名詞の用法
制限用法(restrictive use)--口語的
連続用法(continuative use)--文語的
I like boys /who are active/. (活発な少年達が好きだ)--形容詞節
I like boys/, who(=for they)/ are active. (少年達が好きだ, 彼らは活発だから)--接続詞として転用されている関係代名詞
これは関係代名詞の用法というより文語におけるコンマの用法と捉えることもできる.
whichはitの代わりに使われる目的語と捉えることができる.

関係代名詞の省略
口語ではwhomやwhich(whichはitの代わりに使われる目的語)はふつう使わない
whichやwhomは改まった言い方
口語では目的格の関係代名詞(that)は省略される.
He is not the man he was when he first came up to Tokyo. (今の彼は初めて東京へ出てきたときの彼ではない)

前置詞とは
目的語(名詞またはそれに代わるもの)の前に置いて形容詞句/副詞句をつくる語である

前置詞の目的語に動名詞がくる句
Wash your hands /before having lunch/.
前置詞の目的語にthat節がくる句
Men differ from brutes /in /that they can think//.
前置詞の目的語に句がくる句
I have lived here /since /before the war//. (戦前からここに住んでいます)
since beforeという二重前置詞と見てもいい。
前置詞+関係代名詞は関係副詞(when,where,why,how; 副詞と接続詞の働きを兼ねる)
where=in which
when=on which
why=for which
This is the house. I live here.
hereはin itといっても同じである
This is the house. I live in it.
whereを用いてまとめると
This is the house where I live.
itのかわりにwhichを用いてまとめると
This is the house in which I live.
口語では関係代名詞を省略して前置詞を後に置く
This is the house I live in.

句(phrase)とは

二つ以上の語が結合して中心語とは別の機能を果たす語群。
語群は名詞や形容詞や副詞の機能を果たす。(名詞句/形容詞句/副詞句)
The house /on the hill/ belongs to my uncle. (形容詞句:丘の上の家は叔父のものです)
My uncle's house stands /on the hill/. (副詞句)
I don't know /where to go/. (不定詞/動名詞で作る名詞句)

節(clause)とは

主語(subject word)と述語動詞(predicate verb)を備えている語群
名詞節
There remains the question /why he went there alone/. --疑問詞に導かれquestion同格
形容詞節
He is the man /whom I speak of/. --関係詞により導かれた形容詞節
関係詞が省かれた形の形容詞節(=接触節の形)
He is not the man /he once was/. (彼は昔の彼ではない)--接触節
副詞節(adverb clause)は接続詞(および接続詞として用いられた名詞や副詞)で導かれる
/The moment he saw me,/ he ran away. (私を見るやいなや,)--接続詞として用いられた名詞

(前置詞+目的語で作る)句の用法
He is a man /of great impotance/. 形容詞句の限定用法(必ず名詞のあとに置く)
This is /of great importance/. 形容詞句の叙述用法
The two are /(of) the same age/. 形容詞句の叙述用法では of が省略される場合がある。
I waited /(for) two hours/. 副詞句の前置詞省略(目的格の名詞が副詞の役目を果たす)
Mark /with a red pencil/. 副詞句が動詞を修飾
/To my surprise,/ his plan succeeded. (驚いたことに,)--副詞句が全文を修飾(接続詞として用いられた副詞句とも言える)
(I will come) /After you/. (あなたの後から行きます-どうぞお先に) 副詞句
/After school/ will do. (放課後でよい) 名詞句
He came three days /after/. (三日後にやって来ました) 前置詞を副詞に転用(目的語なし)
We played /after/ we had done our homework. (宿題を済ませてから遊んだ) 前置詞を接続詞に転用

前置詞が後ろに置かれる場合
This is the man (whom) I spoke of. 関係代名詞が省略されるとき
THESE you must belive in. (こういうことは必ず信じなければいけません)--強調のための倒置で目的語が文頭に出るとき

期間
for
during
through

行き先/目的地
for

到達地

to

挙動の原因
for
He cried /for joy.

理由
for
on (根拠)
He was punished /for stealing money.
He was dismissed /on the ground that he was idle. (怠惰であるという理由で解雇された)

目的
for (意図)
after (追求)
She worked hard for her living.
Man seeks after happiness. (人間は幸福を求める)

比較
with
to
Compare your answer with him. (答えを彼のと比べなさい) 前置詞を含む成句
He compared the sound of guns to thunder. (銃声を雷に例えた) 前置詞を含む成句

前置詞を含む成句は覚えるしかない。
/something of/ a musician (ちょっとした-ひとかどの音楽家)
be /a stranger to/ (経験がない)
be /anxious about/ (心配している)
be /anxiaus for/ (切望する)
at hand (手近に)
in hand (着手中)
on hand (持ち合わせ)
consist of (から成る)
consist in (に存する)
consist with (と両立する)

群前置詞とは前置詞と他の語が結合して一つの前置詞の役目を果たしているもの
これも覚えるしかない
by dint of によって
by mean of によって
by way of 経由で/として
for the benefit of のために
for the purpose of のために
for the sake of のために
in front of の前に
in place of の代わりに
in proportion of に比例して
in respect of に関して
on account of のために
on behalf of に代わって
with regard to に関して
with respect to に関して
as for はどうかといえば
as to について
because of にために
instead of の代わりに
out of から
according to によれば
owing to にために
thanks to のおかげで

難しい構文とは何か
関係詞
省略された関係詞
現在/過去分詞
その他の構文

--
例題:
It proved the chief cause of the delay in publishing volume three, which in the end contained no index at all, only an apology from the publisher for its absence. For Tolkien had abandoned work on it after indexing volumes one and two, believing its size and therefore its cost to be ruinous.
(Collins 版 The Rord of the Rings の序文から引用)

コンマで繋げていく, 複文/重文ってやつですね.
一行目は複文?. whichやonlyの前にコンマが入るのは文語的な用法(関係代名詞の連続用法)で,whichやonlyを接続詞として転用して,接続詞の機能を兼ねさせる?
二行目も複文?
work on itのitってなに? publishing volume threeのこと?
Forと, believingがくせもの.
Forは従位接続詞(subordinate conjunction)?
It may rain, for it began thundering.(雨が降るかも,雷が鳴り出したから)
これをひっくり返して
For it began thundering, it may rain.
っていうのはあり?
believingは文詞構文?
For節の主語は?
believing節の主語は? (believingしてるのは誰? Tolkien? We?)

--
文詞構文(participial construction)
文語で,文を簡潔にするために使われる.口語では使わない.
接続詞と動詞の働きを兼ねて文を短縮する.
どんな接続詞の意味が含まれているかは文脈によって判断する.
文詞の意味上の主語と,その文の主語は一致する.
Seeing a policeman, he ran away. (警官を見て,彼は逃げた)--警官を見たのは he
Turning to the left, You will see it. (左に曲がると見えるよ)--曲がるのは you
文詞構文自体が主語を持つ場合もある(独立文詞構文 absolute participial construction)
It beeing very cold, we made a fire.
文詞構文自体の主語が省略されることがある
Generally speaking, our coldest weather comes in January.
--Generally speakingしてるのはWeだけど,わかり切ってるから省く.
--主語が一般的な人を指す場合はこれを省略する.
受動態の文詞構文ではbeingが省かれ過去文詞だけになる.
(Being) Written in plain English, the book is easy to read.
= As the book is written in plain English, it(=the book) is easy to read.
文詞構文では分詞が文頭に来ないときもある.
Seeing me, the girl smiled.
= The girl smiled, seeing me. 例題のbelievingはまさにこれでは?でも主語は
= The girl, seeing me, smiled.
強調のための接続詞を伴うことがある
Though living next door, I seldom see him. (彼の隣に済んでるけど滅多に合わない)

--
/believing its size (and therefore its cost)/ to be ruinous.//
its は of it; indexing volumes one and two
The chair has lost one of its legs.
believingは文詞構文? 名詞? 主語?
believe
They believed him to be insane.

--
参考文献
Longman Dictionary of Contemporary English (LDOCE)
Oxford Advanced Learner's Dictionary (OALD)
小川芳男/赤尾好夫/J.B.ハリス よくわかる英文法 旺文社
行方昭夫 英文快読術 岩波書店
別宮貞徳 不思議のアリスを英語で読む PHP

例文はおもに
よくわかる英文法
から引用しました